最低限知っておきたいCMASダイビングの特徴

きれいな海に潜ってみたいと考える人は多いはずですが、このような場合にはダイビングの資格を取得すると良いかもしれません。ダイビングの資格を取得すれば、決められた範囲内で自由に泳ぐことが可能になります。とは言え、資格を取得するためにはどこかで学ばなければいけません。もし沖縄県で学びたい場合にはCMASダイビング通かもしれません。

CMASダイビングの特徴の1つは、まずフランス発祥であることです。フランスにあまり海は関係ないと述べる人もいますが、海に接しているため実はダイビングも頻繁に行われています。その歴史は非常に古く、80年前にさかのぼると言われています。確かにそれ以前に海に潜っていた人がいたかもしれませんが、正式なダイビングとして潜っていた人はあまりいませんでした。

このような資格を取得する場合でも、一体どれぐらいの人数の人が取得しているのか気になるところです。結論から言えば、世界で6,000,000人ほどの人間が、資格を取得しており世界中で楽しんでいます。その施設が1万3000以上となっており、非常に多いことがわかるでしょう。日本だけでなく、世界中で流行しているダイビングの1つといっても言い過ぎではありません。当然ながら、それだけの人が活躍していると言う事はカリキュラムも非常にしっかりしています。カリキュラムも、初心者が学ぶのにふさわしい内容となっているだけでなく、実際にそのカリキュラムに基づいて資格を取得しやすいのが特徴です。さらに、初心者であっても無理のない範囲内で勉強することができるため、非常に魅力的と言えるかもしれません。

ISOに準拠したカリキュラムがあり、それに基づいて学ぶことができます。ISOとは何かと言えば、国際規格のことで日本国内で学ぶものが海外に行っても使えることを意味しています。当然海外の人が、日本に来ても使うことができるのが国際規格と呼ばれるものでこれに基づいて行えば、例えば海外旅行に行った場合にこの資格で海外の海もスキューバダイビングできてしまうわけです。

気になるのは、料金かもしれませんが年会費は8400円ほどが必要になります。料金的には標準的な金額と言っても良いでしょう。取得した場合には沖縄でも良いですが、それ以外にも伊豆諸島や房総半島あるいは三浦半島でもこの資格に関連する施設が存在しています。ライセンスを取得する期間は、最大3日と言われておりその短い間で取得できるため長期滞在しなくても問題ありません。

ダイビング指導団体の比較・徹底解説