世界初の指導団体NAUIダイビング

写真 エモンズ 沖縄の沈没船・レックダイビング

ダイビングに挑戦してみたいけれども、どのような種類のライセンスを取れば良いのか分からないと悩む人は非常に多く見られます。このような中で、多くの人に安全にダイビングを普及するために、世界初の指導団体として誕生したのがNAUIダイビングです。

NAUIダイビングはアメリカに本拠地があり、1960年8月にアメリカで初めてインストラクターコースが開催されたことをきっかけに始まりました。2020年で、何と60周年を迎えたことになります。世界中で加盟ショップが約100カ国以上あり、105万人以上のインストラクターが在籍しています。日本国内においては、北海道から沖縄まで、日本の様々のエリアに約150店舗が点在しています。お店同士の結束も強く、個性豊かなお店で多くの仲間とダイビングを楽しむことができます。1960年に誕生して以来、最愛の人を任せられる信頼、そして教育を通じて安全なダイビングの実践をコンセプトに、ダイバーに対するCカードの発行、そして質の高いインストラクターの育成に取り組んでいます。

一般的にダイビングのライセンスは、指導団体ごとにコース名ができることが異なります。NAUIダイビングではどのようなことができるのかと言うと、その一つにNAUIオープンウォーターダイバーコースと呼ばれるものがあります。これはCカードを始めて取得し本格的なダイビングを始める人のためのコースにあたります。安全に楽しむための基礎知識、そして実践スキルを身につけることができるでしょう。取得することにより水深18メートルの海域まで潜ることができ、日中の穏やかな海でバディと一緒にダイビングを楽しむことができます。

そしてNAUIアドバンスダイバーコースと呼ばれるものは、初心者が更に楽しみを増やせるコースとなっています。ナイト、コンパスなどを使ったナビゲーションなどの様々なスキルを身につけることができ、これまで以上の環境でダイビングを経験することが可能です。これによりバディーとともに水深30メートルまで潜ることが可能です。

その他にもスペシャルティダイバーコースやマスターダイバーコースなど、様々なコースが設定されています。実際にどのような講習内容なのかと言うと、学科講習やプール講習、その他にも海洋実習などが設けられています。海洋実習においては、プールで練習したスキルを復習し、実際に海で手に入れて最低4回のダイビングを行います。一人ひとりの年齢や体格を考慮した講習が受けられるため、安心してライセンスの取得を目指すことができるでしょう。